ファッション

「ルイ・ヴィトン」初のメンズ旗艦店を公開 NIGO®とコラボの巨大ダックがお出迎え

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、東京・渋谷に7月6日に開く世界初のメンズ旗艦店「ルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店」を公開した。同店は2層構造で、1階のエントランスを抜けるとドラムセットのオブジェが出迎える。床や什器は木目調の温かみのある空間で、壁面に並んだバッグ類をはじめ、ウエアからアクセサリーまでメンズアイテムや限定品がずらりと並ぶが、店内は開放感のある雰囲気だ。

NIGO®コラボのスペースも

 1階奥にはNIGO®と協業した“ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション”のコーナーを設け、壁面は同コレクションのキーカラーであるイエローで統一している。ひときわ目を引く高さ約3mのダックは、NIGO®のブランド「ヒューマンメイド(HUMAN MADE)」の象徴的なモチーフをアレンジしたもの。同コレクションのコインケースやバッグのハンドルにもあしわれている。またテーブルフットボール“バビフット”や“タイガラマ アンターティカ スニーカー トランク”などのキャッチーなアイテムも並び、ラグジュアリーとストリートカルチャーをシームレスにつなぐ遊び心溢れる売り場となっている。

2階には“オブジェ・ノマド コレクション”

 2階のイベントスペースには、ホーム&トラベルコレクションの“オブジェ・ノマド コレクション”が期間限定で並ぶ。アンドリュー・カドレス(Andrew Kudless)との「スウェル・ウェイブ・シェルフ」など複数のクリエイターと協業したインテリアと、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターが手掛けたメンズのスニーカーやバッグが並ぶ。キャンプやホームバーなど5つの異なるテーマで展示し、同ブランドのメンズの世界観をシーンごとに表現している。2階は通常は一般客に開放していないため、入場には問い合わせが必要となる。

 7月6日から27日までの入店は事前予約制で、受け付けはブランド公式ホームページで7月1日に開始する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら