ファッション

三陽商会3~5月期は42億円の最終赤字

 三陽商会の2020年3~5月期は売上高が57億円、営業損益は28億円の赤字、純損益は42億円の赤字だった。同社の20年2月期は14カ月決算(12月期から決算期を変更)だったため、前年同期との比較値は公表していない。

 同社発表によると、店頭売上高は3月が前年同月比44%減、4月は同71%減、5月は同70%減。新型コロナウイルスの感染拡大による主販路の百貨店の短縮営業・休業で落ち込んだ。さらに休業中の店頭販売員の給与や不動産賃借料として特別損失12億円を計上した。

 なお、2021年2月期の連結業績予想は、新型コロナの影響により「現段階では算出が難しい」として公表を見送った。期中には経営再建に向けた構造改革として、同社全体の約15%に当たる150店舗を閉める計画。「整理する店舗の選択や取引先との話合いを進めており、7~8割は(閉鎖の)めどが立っている」(同社広報)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。