ファッション

三陽商会は今度こそ復活できるか 大江次期社長に聞く再生のシナリオ

有料会員限定記事

 三陽商会は5月26日付で三井物産出身の大江伸治氏が新社長に就任する。同社は2015年6月に屋台骨だった「バーバリー」との契約が終了して以降、4期連続の営業赤字に沈む。かつて業績不振に苦しんでいたゴールドウインをV字回復させた大江氏。何度も再建計画を作り直したものの、浮上できない名門アパレルをどのように導くのか。(この記事はWWDジャパン2020年5月11日号からの抜粋です)

WWDジャパン(以下、WWD):社長就任に至るまでの経緯は?

大江伸治・次期社長(以下、大江):昨年末に三陽商会の大株主である三井物産から打診があった。僕のこれまでの50年のキャリア、特にゴールドウインでのBPR(事業構造の再設計)の経験が生かせる。(72歳という)年齢も考えたが、まだエネルギーを使い切った感覚はない。ある意味、天命だと思った。三陽商会は今は苦境だが、持っている商品力やブランド価値は高い。あらゆるデータを見て再生できると確信し、引き受けた。

WWD:ゴールドウイン再建で生かせる経験とは?

大江:発注流動管理にまつわる課題は共通している。ゴールドウインの場合、私が着任した2007年当時はスポーツ専門店への卸の比重が高かった。商品投入がイコール売り上げ。だから売上高を作るため無理やり投入量を増やす。この手法から抜け出せず、過剰仕入れ、過剰投入が慢性化していた。商品の消化率、特にプロパー(正価)販売の比率が下がり続け、粗利益率が悪化した。これを改めることが再建のキモだった。

この続きを読むには…
残り2428⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら