ニュース

「ミヤシタパーク」を関係者に公開 7月28日から段階的に開業

 三井不動産は複合施設「ミヤシタパーク(MIYASHITA PARK)」を7月28日から段階的にオープンする。当初は6月18日の開業を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた。渋谷区と三井不動産の共同事業で、山手線と明治通りに挟まれた区立宮下公園を公園、商業、ホテルなどが一体となった複合施設に作り変える。

 20日からテナントごとの内覧会が行われ、一部が関係者に披露された。全長330mの横長の建物の3層が物販や飲食、屋上が公園になる。「ルイ・ヴィトン」をはじめとしたラグジュアリーブランドやストリートブランドなどのほか、レコードやアートなどのカルチャー、全長100mに居酒屋やレストランが集まる「渋谷横丁」など、個性的な90店舗が入る。物販は主に28日から、飲食は主に8月4日からオープンする。3密を避けるため、当面は事前予約制で入場を制限する。

 併設するホテル「シークエンス ミヤシタパーク(SEQUENCE MIYASHITA PARK)」は8月1日に開業する。