ニュース

ビームスの「SSZ」がブランド初の店舗を期間限定オープン

 ビームス(BEAMS)の加藤忠幸バイヤーが手掛けるサーフ&スケートライン「SSZ(エス エス ズィー)」は7月28日~9月13日、東京・渋谷のミヤシタパーク2階にブランド初の店舗をオープンする。仮店舗を意味する“テンポラリー ストア オブ SSZ(TEMPORARY STORE OF SSZ)”と名付け、アーティストやブランドとコラボした店舗限定商品や、オリジナルアイテムなどを並べる。

 オープン記念として、「マジックナンバー(MAGIC NUMBER)」の別注ボードショーツ(1万6000円)や、アウトソールに寿司の写真と瓶の栓抜きを配した「リーフ(REEF)」の別注ビーチサンダル(9000円)を発売する。また、スタイリストの長谷川昭雄による「A.H」と「SSZ」のワークシャツ(1万5800円)やショーツ(1万7000円)、トートバッグ(6500円)、レコードケースやスツールとして使える「ニューエディションファニチャー(NEW EDITION FURNITURE)」製のボックス(8万円)などもラインアップするほか、「SSZ」の通常商品を先行発売する。

 なお新型コロナウイルスの影響で、店を訪れるには当面、ミヤシタパークのホームページからの事前予約が必要。また一部商品は、ビームスの公式ホームページでウェブ抽選を実施する。