ファッション

ヴァージルが手掛ける「ルイ・ヴィトン」新メンズラインの発売日が決定

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターが手掛ける新たなメンズライン“ステープルズ エディション バイ ルイ・ヴィトン(STAPLES EDITION BY LOUIS VUITTON以下、ステープルズ)”を4月5日から一部の直営店で先行販売する。全国発売は5月3日。

 ライン名の“ステープルズ”は「定番」と解釈し、上質な素材を用いたメンズのベーシックなアイテムを、ヴァージルらしいリラックスしたシルエットで提案する。カラーはオフホワイトやグレイッシュなベージュ、ブラックなどニュートラルな色彩で統一。ウエアはオーバーコートやブレザー、トラックジャケット、デニムジャケット、フーディー、カーゴパンツ、コットンチノなどのほか、キャップやネックレス、スニーカーやブーツなど幅広いアイテムがそろう。同ラインを象徴するディテールとして、ブランド名が刻まれた金属片やヌメ革製の三角形のタブ、服のたたみ方がイラストで描かれたレザーラベルが付くほか、コートのボタンには「LV」の文字のステッチが施されている。

 商品の一部の価格帯は、コート41万3000円、ダウンブルゾン38万3000円、ジャケット35万2000円、シャツ7万5000〜16万8000円、Tシャツ6万9000円、ジーンズ10万円、パンツ7万8000〜12万1000円、キャップ9万2000円、サングラス7万3000円、ネックレス7万6000円、グローブ9万2000円など。“ステープルズ”は定番ラインとして、今後も継続して販売を行う。

【追記 2019年4月11日】同ブランドは、“ステープルズ エディション バイ ルイ・ヴィトン”の全国発売日を5月1日に変更すると発表した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら