ファッション

「ルイ・ヴィトン」メンズ機能服の第2弾 プロ用スキーウエアを都市向けにアレンジ

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、メンズの機能服に特化したライン“ルイ・ヴィトン 2054(以下、2054)”の新作を一部直営店と公式オンラインショップで12月上旬に発売する。

 “2054”はヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターが2019年に立ち上げたラインで、スポーツやアウトドアアイテムの機能性を都市向けのユーティリティーウエアとしてアレンジしたクリエイションが特徴だ。第2弾となる今回はプロスキーヤーが着用するウエアの製法を用いるなど、さまざまな天候やコンディションに対応するウエアやアクセサリー、時計、イヤホンをそろえる。暗視スコープやサーモグラフィーから着想したカラーリングをはじめ、アイテムを圧縮可能にする技法“コンプレッソモーフォシス”によってTシャツがバッグに変形したり、人気スニーカー“LVトレーナー”にハイテク素材を使ったりと、近未来ムードを感じさせるラインアップとなっている。

 価格帯はブルゾン(43万3000〜58万円)、ニット(10万3000円)、Tシャツ(8万2000〜22万4000円)、パンツ(37万3000円)、バッグ(39万9000〜51万5000円)、ハット(9万円)、時計(39万1000円)、イヤホン(13万2000円)など。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら