ファッション

三陽商会の「エコアルフ」が初の日本製コート 廃棄された漁網をクラフツマンシップで再生

 三陽商会が国内展開するスペイン発サステナブルブランドの「エコアルフ(ECOALF)」は、同ブランド初となる日本製コート2型(モッズコート、トレンチコート)をこのほど発売した。

 これまで国内展開においては、三陽商会が本国企画の商品を輸入販売してきたが、初めて同社企画による商品を販売する。廃棄された漁網やカーペットを加工・再生したリサイクルナイロンを使用した生地を使い、コートに特化した同社の青森の生産工場「サンヨーソーイング」で生産している。

 身幅と袖幅を広く、着丈を長めにしたオーバーサイズシルエットで、ダメージのかかりやすい部分には廃棄されたエアバッグの丈夫なナイロン素材を当てることで耐久性とデザイン性を付加した。トレンチコート6万3000円、モッズコート7万2000円。「エコアルフ」全店および公式ECで取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら