ファッション

「ルイ・ヴィトン」の新メンズラインはヴァージル流の機能服

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターによる機能性に特化したパフォーマンス&テックライン“ルイ・ヴィトン 2054(LOUIS VUITTON 2054)”を2020年春夏コレクションの一部として発売する。

 コレクションは全14型で構成し、ウエアのニットやポーチのレザーなどには撥水性に優れたテクニカル素材を使用する。さらに旅行時の持ち運びに便利なパッカブル機能や、アウトドアのギア的要素を加えたディテールが付く。シャツを圧縮すればトレッキング用の枕として使用できたり、ウインドウブレーカーがポーチに変化したりと、ヴァージルが同ブランドでこだわり続ける“アクセサモーフォシス(バッグとウエアの融合)”の考えを発展させたアイテムをそろえる。

 トロンプ・ルイユでエンボス風に浮かび上がるモノグラムや車のエンブレムに着想した3Dのイニシャルモチーフなど、ユニークで多彩なグラフィックも特徴だ。価格帯はウエアがレザーパーカ103万円、ウインドウブレーカー31万3000円、ジップフーディー28万4000円、パンツ13万3000〜16万4000円、アクセサリーがスニーカー12万7000円、リバーシブルのボストンバッグ“キーポル”39万8000円、A4サイズのポシェット10万9000〜15万1000円など。

 ライン名の“2054”は、20“20”年と創業年の18“54”年を組み合わせたもので、“創業から200年を経ても顧客のワードローブに欠かせない存在でありたい”という思いを込めているという。

 同ブランドはヴァージルが現職に就任以降、トレンドに左右されないベーシックライン“ステープルズ エディション バイ ルイ・ヴィトン(STAPLES EDITION BY LOUIS VUITTON)”の立ち上げやプレ・コレクションの強化、そして昨今のメンズ市場で需要が高い機能服の“ルイ・ヴィトン 2054”を始動するなど、新たな試みに積極的だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら