ファッション

「ルイ・ヴィトン」が世界9都市でメンズスニーカーの限定色を発売 東京はディープパープル

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターが手掛けたメンズの人気スニーカー“LV ハイトップ トレーナー”の東京限定カラーを松屋銀座店と表参道店で12月4日に発売する。価格は18万7000円。

 “LV ハイトップ トレーナー”は、ヴァージルが同ブランドのコレクションを初めて指揮した2019年春夏シーズンから高い支持を集めている定番モデル。バスケットボールシューズに着想を得たライン使いやボリューム感などのストリートなムードと、ソールは20個、アッパーは106個のパーツで繊細に構成するというクラフツマンシップを融合している。世界9都市のみで取り扱う新作はブラックとホワイトがベースで、アイコンのモノグラム・キャンバスのタグとシューレースは各都市限定のカラーとなる。東京はディープパープルで、ヴァージルの故郷であるシカゴはオレンジ、ニューヨークはブルー、ミラノはピンク、パリはベイビーブルー、ロンドンはサニーイエロー、ドバイはフォレストグリーン、上海はターコイズ、ソウルはレッドをそれぞれ販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら