ニュース

「ルイ・ヴィトン」からメゾンのシグネチャーを散りばめた新ライン“ダミエ・グラフィット マップ”が登場

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、メゾンのアーカイブから着想を得た新たなバッグライン“ダミエ・グラフィット マップ”を発表した。

 ボディーにはメゾンにまつわるさまざまなシグネチャーが登場する。世界各国の著名なモニュメントや遺跡、1921年にメゾンの広告に登場したキャラクター“グルーム”のイラスト、1910年に創業者の孫のジャン・ヴィトン(Jean Vuitton)とピエール・ヴィトン(Pierre Vuitton)がパリ航空博覧会のために設計したヘリコプターなどのモチーフをルネサンス時代の地図上に散りばめた。アイテムは財布やショルダーバッグ、ボストンバッグなどをそろえる。9月27日から「ルイ・ヴィトン」各店舗で取り扱う。