ファッション

「LV」2020年春夏メンズの最新アクセサリーは、七色の色と素材に七色の花が咲く

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の2020年春夏メンズ・コレクションのアクセサリーは、引き続きヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック ディレクターが志向するダイバーシティー(多様性)を色と柄、素材そしてフォームなど、さまざまな要素で表現している。

 今シーズンは、「世界に同じものが2つとない」ことから、ダイバーシティーの象徴として花をピックアップ。バッグには“モノグラム”の上に直接、レインボーカラーの花をのせた。

 素材は、“モノグラム”や“ダミエ”のフロッキープリントからメッシュ、PVC、もちろんレザーまで多種多様。カラーバリエーションも豊富だ。建築に造詣の深いヴァージルらしい、三角形のボストンバッグやポーチもポイントだ。

 スニーカーは、マルチカラーのブロッキング。トランク発祥のブランドらしく、ラゲージタグをあしらっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら