ファッション

「ルイ・ヴィトン」のレザーラインから新作バッグ アイコニックなアイテムをモダンに再解釈

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は11月8日、メンズ アーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)によるレザーグッズライン「ニュー・クラシックス」から新作バッグ4型を発売する。メゾンのアイコニックなアイテムをモダンにアップデートした。

 1901年に誕生したシックな“スティーマー・バッグ”(39万8000円)は機能的なビジネスバッグとして再解釈。メゾンのトランク作りの伝統を表現した“ソフトトランク”(37万2000円)は、メタリックな仕上げなどの特徴はそのままに、しなやかなレザーを用いて作り変えた。チェーンとレザーでできたショルダーストラップは取り外しが可能。加えて、小型タイプでよりスポーティーな仕上がりの“ミニ・ソフトトランク”(32万6000円)も登場する。“ポシェット・ヴォルガ”(14万7000円)は、小型ながらもスマートフォン3台分の収納力を備える。ハンドルは取り外し可能で、ハンドバッグとしても財布としても使用できる。全てのアイテムにヴァージルのシグネチャーであるモノグラム・フラワーモチーフを配したビスをあしらった。

 「ニュー・クラシックス」のレザーグッズは、「ルイ・ヴィトン」店舗と公式サイトで取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら