ファッション

「ユニクロ」×「マリメッコ」の2024年夏の限定コレクションが5月10日に発売

「ユニクロ」×「マリメッコ」の2024年夏の限定コレクションが5月10日に発売

ユニクロ(UNIQLO)」と「マリメッコ(MARIMEKKO)」とのコラボレーション「ユニクロ ×マリメッコ」から2024年夏の限定コレクションが5月10日に発売される。全国284店舗と「ユニクロ」オンラインストアで販売する。

本コレクションは、夏を楽しむワンピース、シャツ、Tシャツ、スカート、ハット、スリッポン、バッグをラインアップ。ウィメンズ、ガールズに加え、ベビーサイズも追加。ウィメンズ8アイテム、キッズ2アイテム、ベビー3アイテムの計13アイテムを展開。夏の装いに最適なワンピースは、大人から子どもまでおそろいのプリントでコーディネートを楽しめる。着心地の良いシャツやTシャツは、同じ柄のスカートとセットアップも可能。バケットハット、ラウンドミニショルダーバッグ、キャンバススリッポンなど、カラフルな小物がスタイリングに遊び心をプラスする。価格は790〜4990円。

今回は、4人の「マリメッコ」デザイナーによる、夏の楽しい気分が溢れるアイコニックなプリントが特徴で、1950~70年代のアーカイブから、6種類の柄を採用した。マイヤ・イソラ(Maija Isola)の大胆なメローニ(メロン)、アイコニックな花柄を配したルーック(フラワーポット)、ペンッティ・リンタ(Pentti Rinta)の小さなスケールの柄が繰り返されたアセマ(駅)、波を表現したリリナ(ゴボゴボと水が流れる音)、脇阪克二のデメテル(ギリシャ神話の女神)、ヴオッコ・エスコリン=ヌルメスニエミ(Vuokko Eskolin-Nurmesniemi)の力強くシンプルなストライプ柄ガレリア(ギャラリー)が、コレクションに豊かな表現力をもたらしている。

キービジュアル

アイテム

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。