ファッション

アダストリアの50代女性向け「エルーラ」好調受け地方に新店3店

 アダストリアの50代女性向けブランド「エルーラ(ELURA)」は9月、横浜、名古屋、札幌にそれぞれ新店をオープンする。開店日は、相鉄ジョイナス店(横浜市)が9月4日、ららぽーと愛知東郷店(愛知県東郷町)が同14日、札幌アピア店(札幌市)が同18日。

 2019年10月にスタートした同ブランドは、コスメをヒントにした商品開発で、“大人の悩みに効く”をコンセプトに体型カバーや肌色をきれいに見せるアイテムを展開している。主力商品のパンツで中心価格帯は4900円と、比較的リーズナブルな価格も特徴。スタート当初は同社の公式EC「ドットエスティ(.ST)」および「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」の一部店舗で試験展開していたが、「店舗、ECでの好調」(同社広報)を受け、20年3月にららぽーとTOKYO-BAY(千葉県)に1号店を出したのを皮切りに都内、大阪に計7店を出店した。

 同ブランドの東京、大阪エリア以外への出店は、今回が初めてとなる。いずれの店舗も白を基調に上質さ、優雅さを連想させる大人のための空間を作る。トラフィックの多いSC・駅ビル内であることから、家族のお出かけや仕事帰りの利用を想定する。

 なお3店舗のオープンを記念して、1万円以上の購入客にブランドオリジナルのトートバッグをプレゼントする。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら