ファッション

ZOZO創業者の前澤氏がアダストリアとユナイテッドアローズ株を大量取得 

 ZOZO創業者の前澤友作氏が個人で、約74億円を投じアダストリアとユナイテッドアローズの株式を大量に取得していることがわかった。アダストリア株を、約39億円を投じ全体の5.6%・273万株を取得。ユナイテッドアローズ株を、約35億円を投じ7.97%・240万株を取得している。両社は前澤氏が創業したファッションECモール「ゾゾタウン」で上位の売り上げを稼ぐ有力テナント企業だ。

 いずれも少額ずつ株式市場で買い足していた。13日のアダストリア株価は前日比34円安の1609円、ユナイテットアローズは同14円安の1336円だった。ユナイテッドアローズの広報担当者は「前澤氏からは、お世話になったので純投資をしたいと連絡があった。それ以上のことは聞いていない」という。

 なお、前澤氏は昨年9月に社長兼CEOを退任したZOZOの株式を、依然として全体の17.87%・5455万株を所有しており、ZOZOの親会社Zホールディングスに次ぐ第2位の大株主にとどまっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら