ニュース

ZOZO創業者の前澤氏がアダストリアとユナイテッドアローズ株を大量取得 

 ZOZO創業者の前澤友作氏が個人で、約74億円を投じアダストリアとユナイテッドアローズの株式を大量に取得していることがわかった。アダストリア株を、約39億円を投じ全体の5.6%・273万株を取得。ユナイテッドアローズ株を、約35億円を投じ7.97%・240万株を取得している。両社は前澤氏が創業したファッションECモール「ゾゾタウン」で上位の売り上げを稼ぐ有力テナント企業だ。

 いずれも少額ずつ株式市場で買い足していた。13日のアダストリア株価は前日比34円安の1609円、ユナイテットアローズは同14円安の1336円だった。ユナイテッドアローズの広報担当者は「前澤氏からは、お世話になったので純投資をしたいと連絡があった。それ以上のことは聞いていない」という。

 なお、前澤氏は昨年9月に社長兼CEOを退任したZOZOの株式を、依然として全体の17.87%・5455万株を所有しており、ZOZOの親会社Zホールディングスに次ぐ第2位の大株主にとどまっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら