フォーカス

ヤフーが約4000億円で買収 カリスマが去るZOZOの今後

有料会員限定記事

 ヤフーは9月12日、ファッション通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOをTOB(株式公開買い付け)により、子会社化すると発表した。創業者でZOZO株の約36%を所有する筆頭株主でもある前澤友作社長は、持ち株の大半の約9200万株の売却に応じ、9月12日付で社長を辞任、取締役も退任した。ヤフーは約4000億円で日本最大手のファッション通販サイトを手中にする一方、前澤氏も約3000億円の売却益を得て、日本のファッションEC最大の立役者はあっさりと表舞台から姿を消す。一体何が起こったのか。(この記事はWWDジャパンvol.2101からの抜粋です)

 第一報はNHKの早朝ニュースだった。その後すぐに午前8時45分に両社から資本業務提携が正式発表されると、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで一気に拡散された。同日の夕方に東京都内で行われた会見には200人以上の記者が詰めかけ、立ち見が出るほどだった。

この続きを読むには…
残り1896⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら