ファッション

ヤフーが約4000億円で買収 カリスマが去るZOZOの今後

有料会員限定記事

 ヤフーは9月12日、ファッション通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOをTOB(株式公開買い付け)により、子会社化すると発表した。創業者でZOZO株の約36%を所有する筆頭株主でもある前澤友作社長は、持ち株の大半の約9200万株の売却に応じ、9月12日付で社長を辞任、取締役も退任した。ヤフーは約4000億円で日本最大手のファッション通販サイトを手中にする一方、前澤氏も約3000億円の売却益を得て、日本のファッションEC最大の立役者はあっさりと表舞台から姿を消す。一体何が起こったのか。(この記事はWWDジャパンvol.2101からの抜粋です)

 第一報はNHKの早朝ニュースだった。その後すぐに午前8時45分に両社から資本業務提携が正式発表されると、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで一気に拡散された。同日の夕方に東京都内で行われた会見には200人以上の記者が詰めかけ、立ち見が出るほどだった。

この続きを読むには…
残り1896⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら