ビジネス

アマゾンvsウォルマート勝敗の鍵はアパレルか?

有料会員限定記事

 米小売り最大手のウォルマートが“打倒アマゾン”を掲げ、EC参入の勢いを強めている。その勝利のカギとなるのはアパレルだと多くの専門家が指摘する。2017年の時点で、ウォルマートのアパレルおよびフットウエア分野の売上高は290億ドル(約3兆740億円)。アマゾンの同分野の流通総額は246億ドル(約2兆6076億円)とされており、18年で逆転したと目されている。ウォルマートの反撃に注目が集まる。(この記事はWWDジャパン2019年9月16日号からの抜粋です)

 ファッション分野において、アマゾンは他社を買収したり、自社ブランドを設立したり、長年にわたってさまざまな方策をテストしてきた。例えば、靴を中心としたアパレルEC「ザッポス」を傘下に収めつつも独立したECサイトとして運営し、「メットガラ」のスポンサーになり、アパレルのプライベートブランド(PB)を多数設立。カメラを搭載したAIアシスタント「エコー ルック」を通じておススメ商品を紹介し、自宅で試着できるサービス「プライム・ワードローブ」などを提供している。

この続きを読むには…
残り2334⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら