ファッション

「楽天ファッション」に東コレブランドの期間限定ECがオープン コロナ禍の国内デザイナーを支援

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)は、冠スポンサーの楽天が運営するファッションECモール「楽天ファッション(RAKUTEN FASHION)」に、「E-POP UP STORE」をオープンした。新型コロナウイルスの影響で3月に中止となった2020-21年秋冬シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」の参加ブランドを中心に、全12ブランド(8月19日時点)の商品を12月まで販売する。

 同ショップは、新型コロナウイルスの感染拡大により影響を受けたファッション業界を支援することを目的に開いたもの。楽天でファッション事業を率いる松村亮執行役員 コマースカンパニー ヴァイスプレジデントは「『RFWT』のショップを通じて若手ブランドの育成支援と新進気鋭の国内ブランドをユーザーへ紹介し、国内ファッション文化発展への貢献やユーザーにより楽しいファッションの買い物体験を提供していきたい」とコメント。JFWOの今城薫ディレクターは「これまでわれわれがリーチできていなかったマーケットに日本デザイナーのクリエイションを発信できるのが楽しみだ」と語る。

 なお、2021年春夏シーズンの「RFWT」は10月12〜18日に開催予定。発表形式については参加希望ブランドと話し合い、ファッションショーに限定せずに、新たな試みも取り入れて「RFWT」のデジタル化を促進する。

【「E-POP UP STORE」出店ブランド】※アルファベット順
「バルムング(BALMUNG)」
「ボディソング(BODYSONG.)」
「ディスカバード(DISCOVERED)」
「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」
「ハレ(HARE)」
「コーティー(KOH T)」
「ミツル オカザキ(MITSURU OKAZAKI)」
「ノブユキ マツイ(NOBUYUKI MATSUI)」
「リコール(REQUAL≡)」
「ルプコ(RPKO)」
「シンヤコヅカ(SHINYAKOZUKA)」
「ティート トウキョウ(TIIT TOKYO)」

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら