ニュース

東コレが10月開催決定 米オンライン展示会「ジョア」と提携してデジタル化を促進 来年は開催時期を8月に移行

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)は、2021年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」を10月12〜18日に開催することを発表した。3月に予定されていた20-21年秋冬シーズンは新型コロナウイルス感染拡大で中止となったため、1年ぶりのイベント実施となる。6月末から参加ブランドを募り、9月上旬に取材メディアやバイヤーの登録を開始。9月下旬に参加ブランドとコレクションスケジュールを発表する予定だ。

 発表形式については参加希望ブランドと話し合い、ファッションショーに限定せずに、新たな発表形式も取り入れてRFWTのデジタル化を促進。また米国発のオンライン展示会システム「ジョア(JOOR)」と提携し、144カ国、20万以上のバイヤーが利用するキュレーションマーケットプレイス「ジョア パスポート(JOOR PASSPORT)」を介して、オンライン上での商談をサポートする。

 またJFWOは、21年度の東コレの開催時期を変更することも明らかにした。従来10月中旬だった春夏シーズンの開催を8月末に移行。これまでパリやミラノ、フィレンツェなどの海外都市での春夏シーズンや、プレコレクションの発表が6月に行われていたことで、東京での開催時期と4カ月のギャップがあったが、8月末とすることで2カ月弱に抑えることができる。秋冬シーズンは従来通り3月中旬の開催を予定する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら