ビジネス

伊藤忠が世界最大級のBtoB向けアパレルECに約10億円を出資

 伊藤忠商事は、米国発の世界最大級の法人向けアパレルECサイト「ジョア(JOOR)」に出資する。出資額は10億円規模と見られる。ジョアは「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「サカイ(SACAI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」「ベルルッティ(BERLUTI)」「クロエ(CHLOE)」「バルマン(BALMAN)」「フリーピープル(FREE PEOPLE)」「マルニ(MARNI)」「ロエベ(LOEWE)」など8600ブランドが使用する卸売り用のECサイトで、ユーザーとなる小売店は百貨店など144カ国・20万ユーザーを抱え、年間の流通額は1兆円を超えるという。

 ジョアは今秋をメドに日本法人の設立を計画しており、伊藤忠は日本市場での独占的な戦略パートナーとして日本のブランドと小売り、双方の企業の開拓を担う。伊藤忠は総合商社の中でもブランドビジネスで圧倒的なシェアを有しており、ジョアと組むことで、国内外の有力ブランドとの結びつきをさらに強める。

 また、伊藤忠はECやIoT(モノのインターネット化)、サステイナブル素材などの新規事業への投資を積極化しており、3年間で500億円を投じ、純利益で100億円の創出を掲げている。

 ジョアは2010年にスタート。ニューヨークに本社があり、LAとフィラデルフィア、パリ、ロンドン、ミラノ、マドリード、メルボルンに拠点を持つ。今回のシリーズCとなる調達ラウンドで、伊藤忠をリードインベスターに1600万ドル(約17億6000万円)の資金調達に成功。これまで3600万ドル(約39億6000万円)の資金調達を行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。