ビジネス

伊藤忠が世界最大級のBtoB向けアパレルECに約10億円を出資

 伊藤忠商事は、米国発の世界最大級の法人向けアパレルECサイト「ジョア(JOOR)」に出資する。出資額は10億円規模と見られる。ジョアは「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「サカイ(SACAI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」「ベルルッティ(BERLUTI)」「クロエ(CHLOE)」「バルマン(BALMAN)」「フリーピープル(FREE PEOPLE)」「マルニ(MARNI)」「ロエベ(LOEWE)」など8600ブランドが使用する卸売り用のECサイトで、ユーザーとなる小売店は百貨店など144カ国・20万ユーザーを抱え、年間の流通額は1兆円を超えるという。

 ジョアは今秋をメドに日本法人の設立を計画しており、伊藤忠は日本市場での独占的な戦略パートナーとして日本のブランドと小売り、双方の企業の開拓を担う。伊藤忠は総合商社の中でもブランドビジネスで圧倒的なシェアを有しており、ジョアと組むことで、国内外の有力ブランドとの結びつきをさらに強める。

 また、伊藤忠はECやIoT(モノのインターネット化)、サステイナブル素材などの新規事業への投資を積極化しており、3年間で500億円を投じ、純利益で100億円の創出を掲げている。

 ジョアは2010年にスタート。ニューヨークに本社があり、LAとフィラデルフィア、パリ、ロンドン、ミラノ、マドリード、メルボルンに拠点を持つ。今回のシリーズCとなる調達ラウンドで、伊藤忠をリードインベスターに1600万ドル(約17億6000万円)の資金調達に成功。これまで3600万ドル(約39億6000万円)の資金調達を行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら