ファッション

アダストリアが50〜60代市場を強化する理由 「数年後には郊外SCにもこの世代向けフロアができる」

有料会員限定記事

 「ローリーズファーム(LOWRYS FARM)」「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」など、ヤングやファミリー層向けの業態で成長してきたアダストリアが、さらに上の世代向けのブランド開発を強化している。2019年秋に50代向けの「エルーラ(ELURA)」、20年秋に60代向けの「ウタオ(UTAO)」を立ち上げ、既に「エルーラ」はららぽーとTOKYO-BAYや相鉄ジョイナスなどに単独店を出店。今後は「ウタオ」でも、同様に単独店出店を予定する。両ブランドを手がける新井隆広アダストリア営業第3本部長に聞いた。

WWD:「エルーラ」はもともとECと「グローバルワーク」店頭でコーナー展開していたが、20年3月にららぽーとTOKYO-BAYに単独店を出してからは丸一年が経過した。ブランドとして進捗は?

新井隆広アダストリア営業第3本部長(以下、新井):ECは伸びているが、実店舗はコロナ禍のため、他のブランドと同様若干伸び悩んでいる。立ち上げ当初は50代のオンスタイル(通勤など)を想定していたが、コロナ禍で通勤ニーズが減り、オン・オフシーン兼用できるMD構成に修正中だ。まさに休日着、というものではなく、“サマ見え”する(一枚着るだけでさまになって見える)カジュアルを追求している。

WWD:「ウタオ」はECと「スタディオクリップ(STUDIO CLIP)」店頭でコーナー展開している。進捗は?

新井:予想以上に実店舗の売り上げがいいことを受けて、22年2月までにこちらも単独店出店を目指す。当初は東京・丸の内や日本橋の商業施設など、都心の60代が多い環境への出店を考えていたが、コロナを受けて準郊外のSCを視野に入れている。ECに話を移すと、社内の若いブランドがコロナで大きくEC売り上げの構成比を伸ばしているのに比べると、「ウタオ」の伸びは小さい。売り上げ全体に占めるECの比率は現在約3割。社内の若いブランドでは5割近いところもある。SNSへの反応も、「ウタオ」「エルーラ」共にまだまだ薄い。

 他方、TV通販の反応はよく、2月に「ショップチャンネル(SHOP CHANNEL)」に「ウタオ」が出演した際は、30分間の番組で2型で700万円が売れた。やはりTV通販には60代のお客さまがいる。TV通販はなかなか出演枠が空いていないが、5月下旬にも再び取り組む予定だ。

この続きを読むには…
残り1803⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら