ファッション

「60代女性を満足させる商品がない」 神下敬子「素敵なあの人」編集長が語る“素敵世代”マーケットの今

有料会員限定記事

 60代からの大人の装いを紹介すべく宝島社が2019年に創刊した月刊誌「素敵なあの人」は、“雑誌離れ”が叫ばれる中でも読者に支持され、発行部数を伸ばしている。好調の理由を「60代女性に着目したことが大きい」と話す神下敬子「素敵なあの人」編集長に、60代(同編集部では“素敵世代”とネーミング)のニーズと消費行動について聞いた。

WWD:創刊のきっかけは?

神下敬子「素敵なあの人」編集長(以下、神下):創刊以前から、60代女性に向けた単発のファッションムックを何度か発売したのですが、軒並み売れ行きがよかったんです。それだけでなく、電話やハガキなどによる読者からの反響がとても大きく、月刊誌として創刊することを決めました。

WWD:60代女性に着目した理由は?

神下:50代向けまでのファッション誌は、既に市場にありました。しかしその上の世代向けとなると、ハイエンドな雑誌か、70代以上に向けた健康雑誌になってしまい、気楽に読めておしゃれや美容の悩みを解決できる雑誌がなかったんです。今の60代は、若い頃から雑誌を読んできた“マニュアル世代”なのに、「60代になったら自分たちのための雑誌がなくなって困っている」という声が多くありました。

WWD:ほかに、創刊へと背中を押した声はある?

神下:もう1つの声として特徴的だったのが、「私たちのための商品がない」という声です。メーカーなど企業の方には、「若い人に目を向けていないとブランドが継続できない」と考えている人が多い。また、商品を企画している人には30~40代が多いので、「シニアってこんな感じでしょ」という思い込みで商品を作ってしまう。そうすると、今の60代は感覚が若いので、自分たちのモノと感じられないんです。この雑誌を作ることで、消費者と企業とのチューニングアップができるような存在になりたいと思いました。

この続きを読むには…
残り2614⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら