ファッション

三越日本橋本店で最も50代客を集めている「ミグジュアリー」 店頭アンケートやEC分析を導入

有料会員限定記事

 三越日本橋本店といえば、日本を代表する老舗百貨店として、60〜70代客を中心に支持が厚い。その中にあって、比較的若い50代客を集めることに最も成功している売り場が、本館3階の自主編集売り場「ミグジュアリー」だ。「今の時代は服だけを提案しても売れない。シーン提案を重視している」(山口賢一三越日本橋本店ミグジュアリーショップバイヤー)ことがその秘けつだという。

 シーン提案を強く意識するようになったきっかけの一つがコロナ禍。昨年4〜5月の自主休業期間を経て、6月以降も客数がコロナ前のようには戻らない中で、客のニーズをより深く探るべく店頭でアンケートを実施。「アンケートで『何に興味がありますか』とお客さまに尋ねても、まずファッションだとは返ってこない。『スポーツに興味がある』『友達とホームパーティーをするのが好き』といったようにシーンで回答されるケースが多いので、『それならこの商品はどうですか』と、服だけでなくワインなどの服以外のカテゴリーの商品も含めて提案する」ことを心がけている。「シーン提案から入ると話を広げやすく、お悩みの解決や、思ってもいなかった商品との出合いにつなげやすい。(さまざまな品目を扱う)百貨店ならではの強みが発揮できる」という。

 店頭アンケートとほぼ時を同じくして、社内のシステム部と連携した三越伊勢丹のECの導線分析も開始した。「ECで何が売れそうで売れなかったのか、サイト内をどんな順番で回遊しているかといったことを、店頭の品ぞろえに反映するようになった」という。

この続きを読むには…
残り860⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら