ファッション
連載 “副業・複業”を解禁せよ!

吉井添、モデルとアーティストの顔を持つ新星 仕事やルーツ、今後を語る

有料会員限定記事

 新星モデルの吉井添(19)は、マルチな才能を持つ表現者だ。学生時代には美術を専攻し、自身のインスタグラムでもアートワークを発表。また趣味のコスプレを通してメイクを独学した。自身初の表紙登場となった「WWDJAPAN」5月17日号では、吉井の写真と、吉井が描き下ろした絵を合わせて、モデルとアーティストの2つの顔を表現した。

 6月にはファッションブランド「カンゴールリワード(KAGOL REWARD)」と初のコラボレーション企画「吉井添×カンゴールリワード」の商品が発売予定。今後、モデルに加えて、アーティストとしても活動の幅を広げる吉井に仕事や自身のファッション、目標について話を聞いた。

WWD:モデル活動を始めたきっかけは?

吉井添(以下、吉井):自分に自信がなかった高校2年生のとき、周りに「モデルをやってみたら?」と言ってもらえたことがきっかけでした。オンラインでリサーチすると、今の事務所(Image)を発見し、企業理念の「真善美」に共感。ダメ元でしたが、自ら写真を送ったところ、書類が通って驚きました。

WWD:自身で応募したんですね。コスプレをしていたそうですが、写真を撮られることは好きでしたか?

吉井:あまり得意ではありませんでした。中学2年生の頃にコスプレをはじめたのは現実逃避ができて、他のキャラクターになりきることで自分に自信を持ちたいと思ったから。コスプレを通して、独学でメイクを勉強することができました。粘土で作ったツノを付けて、人間ではない想像的な生き物になりきるなど、特殊メイクのようなことまでやっていました。現場に合わせて色を変えるという、今のモデルの仕事にも通ずることかもしれません。

WWD:モデルの仕事を始めて2年目になりますが、気を付けていることは?

吉井:あいさつをしっかりすることです。コミュニケーションをとることが得意な方ではないので、関わる皆さんと働きやすくなるように、できる限りリラックスした状態を作ろうと心掛けています。あいさつはそこにもつながっていく大切なことだと思っています。

WWD:仕事で楽しいと思うことは?

この続きを読むには…
残り2277⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。