ニュース

「ヘレナ ルビンスタイン」のバブル世代女性向けシリーズにアイケア製品追加

 日本ロレアルの「ヘレナ ルビンスタイン(HELENA RUBINSTEIN)」は8月30日、今年2月にデビューした新スキンケアシリーズ「プロディジー CELグロウ」から、目元ケアのアイクリーム「プロディジー CELグロウ アイ」(15.3g、2万1000円)を発売する。

 「ヘレナ ルビンスタイン」は日本ロレアルが抱えるブランドの中でも特にエイジングケアに力を入れているが、同シリーズは日本がバブル経済に沸いた1986~1991年に20代を過ごした40代後半〜50代の女性をメインターゲットに据えている点が特徴。従来とは異なるライフスタイルや価値観を受け入れ、若い頃から海外製品に親しんだこの世代を“スパークリング ブーマー”と名付けて価値観や悩みを探る研究チームを立ち上げて製品を開発した。成分には最先端のエイジングケアを取り入れ、細胞の“リプログラミング”に着目。過酷な環境下でも美しい花を咲かせるアルファ エーデルワイスを活用している。

 2月のデビュー時から注目を集めており、「このシリーズのブランド内構成比は現在約15%を占め、『プロディジー CELグロウ エッセンス エマルジョン』はブランド内の売り上げランキングで2位になるなど高い評価を得ている」と、日本ロレアルの栗林水都「ヘレナ ルビンスタイン」事業部長は語る。

 新製品となるアイクリームは、スマートフォンやパソコンなどによる目の酷使のほか、老眼による目のかすみやまぶたのたるみなど、 “スパークリング ブーマー”世代ならではの目元の変化や悩みを受けて開発した。また、発売時には製品単体に加え、独自開発したビューティギア“プロディジー CELグロウ アイ マッサージャー”をセットにした限定品(2万3000円)も用意。蓋を開けて中に冷水を入れることができ、クリームを塗布してから目の周りなどに滑らせることで、ハリのある明るい目元へと導くほか、朝の目元の腫れぼったさなどにもアプローチする。

【エディターズ・チェック】
2050年には人口の約半数が50歳以上になると予測されている日本にとって、エイジングケア製品の進化はとても重要ですが、「プロディジー CELグロウ」は同ブランドの代表シリーズ「リプラスティ」と肩を並べるのではないかと注目を集めています。最新作のアイクリームは、濃厚でありながらなめらかなテクスチャーで目元にスーッと伸びていく感じ。限定セットのマッサージャーは肌に当てているだけでも心地よく、目元のみならずほうれい線や額などにも使える点も魅力的です。サイズも小さいので、旅先などにも持っていけそうです。