ファッション

ハマればファッション&ビューティへの投資を惜しまない! 50~60代おしゃれ女性による“ぶっちゃけ座談会”

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」5月10日号「主役世代(50~60歳代)特集」の企画で、今の50~60代女性のリアルなニーズや消費行動を探るため、3人の“主役世代”の女性による座談会を実施した。参加したのは、料理・テーブルコーディネート・フラワーアレンジメントの先生を務めていた櫻井典子さん(68歳、DC洗礼世代)、アパレル企業の人材コンサルタントとして働きつつ2年前に30年ぶりにモデル復帰した岩井ヨシエさん(59歳、ハナコ世代)、看護師の北本小百合さん(54歳、ばなな世代)の3人。そのリアルなトークには、“主役世代”を攻略するヒントが隠されている。

柔軟に追い求める「年齢が出ない服」選び

WWD:普段はどんなショップでコスメや服を買う?

岩井ヨシエさん(以下、岩井):コスメは原宿にできた「アットコスメトーキョー」が好きで、行ったらほぼ1日中います。百貨店だとずっと接客されるから、自由に見て回れない。その点「アットコスメトーキョー」は、一人で自由に回れるのが心地よくて楽しいです。韓国コスメや口紅の今欲しい色がちゃんとそろっているし。

WWD:洋服は?

岩井:(仕事がファッション関連なので)ちょっと特殊かもしれないけれど、街をぶらぶらしていろいろなショップに入ります。いつも同じところに行っていると、いつも似た服を買ってしまうし、好きなブランドを決めてしまう。ぶらぶらしていると“ファッションに対する動体視力”が上がるので、よさそうと感じたショップにスッと入りますね。

櫻井典子さん(以下、櫻井):私は「ヨシエイナバ(YOSHIE INABA)」が大好きで、オフィシャルな場には必ず「ヨシエイナバ」の服で行くと決めています。カジュアルな服は行き当たりばったりで買うなど、いろいろなチャレンジをしています。

WWD:「ユニクロ(UNIQLO)」には行く?

櫻井:もちろん、「ユニクロ」とか「ジーユー(GU)」とか「無印良品」とか、ミックスするのが今っぽいですよね。「ジーユー」のワンピースが好きで結構買います。

WWD:「ジーユー」のワンピースは何がいいの?

櫻井:後ろに背縫いが付いているところです。普通のカットソーのワンピースは横を縫っているけれど、背中のところが縫ってあるんです。

岩井:背中にポイントがあったり、後ろ姿にニュアンスがあったりすると、そこに女性らしさとか色気が出ますよね。

櫻井:そう。後ろがのっぺりしていると、年とともに年齢がすごく出てしまう。だから必ず後ろにポイントがある服を買うようにしています。

WWD:例えば「イナバヨシエ」の服と「ユニクロ」の服を組み合わせて着る?

櫻井:着ます。怒られちゃうかもしれないけれど(笑)。

北本小百合さん(以下、北本):私はメンズのシャツやセーターが好きなんです。襟の感じやシルエット、「このカフスの感じが好き」というところから始まって、今では自然にメンズコーナーに行ってSサイズを探しています。ウイメンズだとわざわざ切り替えが付いていたり、ドルマン系の袖になっていたりするのですが、私は飾りがあるのは苦手で。年齢のせいもあるけれど、ここ10年で自分の中で好みが大きく転換しています。

この続きを読むには…
残り3151⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら