ファッション

日本ヒップホップ界のレジェンド2人が32ページであまねく語る 「ブループリント」創刊

ヒップホップカルチャー誌「ブループリント ザ マガジン(BLUEPRINT THE MAGAZINE)」(発売元:apples&oranges)が5月26日に創刊・発売する。アマゾンで事前販売予約を受け付けている。

創刊号は、日本のヒップホップカルチャーをけん引してきたZeebraとSEEDAが両面表紙で登場。写真は全てモノクロで、同レーベルの発起人であるフォトグラファー・小田駿一が撮り下ろした。

近年は、ちゃんみなやT-Pablowなどを輩出した「BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」(BSスカパー!)、「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)などが火付け役となり、盛り上がりを見せている日本のヒップホップシーン。その黎明期からけん引してきたZeebra、SEEDAが1冊32ページをまるまる分け合う超ロングインタビューは、ヒップホップファンのみならず一読の価値がある内容だ。

両者の口から語られるのは、自身のキャリアやヒップホップに向き合う価値観、哲学。日本のヒップホップ黎明期から00〜10年代に至るまでのブームの浮沈、背景にある日本の音楽ビジネスの趨勢。そして、それぞれが考えるヒップホップカルチャーの展望だ。ロングインタビューの一部始終を収録した動画は、「ブループリント」の公式ユーチューブチャンネルで順次公開する。

雑誌を核にライブやグッズ展開
オフラインコミュニティーを拡張

「ブループリント」は雑誌の枠を超えた事業も展開する。ライブ&グッズをメディア事業と並び立つ柱とし、ヒップホップファンのオフラインコミュニティーを醸成するプラットフォームとして機能させる。

ショーケースライブの第1弾を6月23日、渋谷のヒップホップクラブ「ハーレム(HARLEM)」で開催する。すでにCHICO CARLITO、MUD、ELIONE、LIZA、Yan Sekuなど新進気鋭のアーティストの出演が決定している。

■ "BLUEPRINT THE LIVE vol.1"

日時:6月23日(日)
開場 / 開演 : 16:30 / 17:00
会場:HARLEM(東京都渋谷区円山町2−4)
入場料:先行4000円(+500円で「ブループリント ザ マガジン」付き)、当日4500円 ※それぞれ1ドリンク(600円)別途

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。