ファッション

ユナイテッドアローズ22年春夏 鮮やかなカラーと柄で溢れるポジティブムード

 ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS、以下UA)ウィメンズの2022年春夏は、「エンパワーメント」をテーマに、自然に着想を得た鮮やかなカラーと柄でポジティブなムードを打ち出す。得意のトラッドスタイルはリラックス感を大切に、フリルなどフェミニンな要素を加えて提案する。

 ブレザーはリネン素材で軽快な印象に。フリルをあしらったクロップド丈のブラウスと鮮やかなブルーのストライプスカートを合わせてカラーを取り入れ、リラックスしたスタイリングを提案する。柄物は自然のパワーを感じさせる植物柄のほか、ボーダーやギンガムチェックなどのフレンチ柄のアイテムを強化した。

 今シーズンデビューする中島輝道デザイナーによる「テルマ(TELMA)」も新規導入した注目ブランドの1つ。浅子智美ウィメンズファッションディレクター兼バイヤーは「ハッと気分が上がる、繊細な柄の表現に惚れた。今までにあまりない斜めからの提案のように感じた」と話す。

 オリジナル商品は、これまで顧客層が買いやすい値段を前提にしていたが、「お客さまに付加価値のある提案」を念頭に、ブラウス、パンツ、ニットは3万円代へ、ブルゾンは5万円代と価格レンジを引き上げた。浅子ディレクターは、「コロナ禍でカジュアルアイテムが売れるかと想定したが、実際はドレスパンツが伸びた。ドレス軸のアイテムが好きなお客さまのニーズを見極め、自分たちが作りたい商品で確実に響かせていく」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら