ファッション

ユナイテッドアローズ、ビューティ&ユース21-22年秋冬 ゆるすぎない“ニューコンフォート”を提案

 ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS、以下UA)ウィメンズの2021-22年秋冬は、“ニューコンフォート”“ニュークラシック”“ボールド&ブライト”を三大キーワードに、気分が上がる新しいスタイルを打ち出す。

 高窪まさみファッションディレクターは、「大きなテーマは“エボリューション”。変化する生活の中でいかに楽しく新しいスタイルを作り上げていけるかが重要だと考えた。会社全体でポジティブに進化していきたい」と話す。

 “ニュークラシック”では、定番アイテムに軽さやゆるさを加えて提案する。オリジナルのダッフルコートは、リバー仕立てのダブルフェースを使うことで、クラシック過ぎず、リラックス感のある雰囲気に。“ニューコンフォート”は、着心地の良さを追求しながら、ルーズに見えない点がポイントで、シャツとニットベストのレイヤードなどを打ち出す。「ゴージャスに着飾るのではなく、リラックスしながらも気分が上がるスタイルが今っぽい」と高窪ディレクター。“ボールド&ブライト”は艶っぽさや大胆さを演出するベロアやフェイクレザー、透け感のあるアイテムをそろえ、ベロアのサロペットは華やかなプリントブラウスと合わせた。

 カラーは温もりを感じるブルーやピンク、グリーンをキーに、気分が上がるショッキングピンクやイエローなども取り入れる。強化アイテムはニット。ルームウエアとしてではなく、外出時にも1枚で決まるアイテムをバリエーション豊かに提案する。

ビューティ&ユースはレイヤードを楽しむ

 ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)は、“エモーショナル”がテーマ。「コロナで沈みがちな今、カラーや素材でファッションの高揚感を味わってほしい」という思いを込めて、レイヤードを楽しめるアイテムをそろえた。

 今季は、袖や襟をフリルなどで華やかに飾ったブラウスにクラシカルなベストを組み合わせて提案。シャツドレスとニットベストのレイヤードも推す。アウターは、リバー仕立てのダブルフェースのチェスターコートやカジュアルに着られるブルゾン、シューズはボリュームのある厚底ブーツとサイドゴアブーツを強化する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら