ビューティ

「オサジ」が「ビューティ&ユース」とネイルコラボ 別注カラー3色を展開

 日東電化工業の敏感肌向けコスメブランド「オサジ(OSAJI)」は6月19日、ウィメンズショップ、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS以下、ビューティ&ユース)とコラボしたネイルカラーを数量限定で発売する。全3色展開で、価格は税込各1870円。ビューティ&ユース全店と一部のユナイテッドアローズ、ユナイテッドアローズオンラインストアで取り扱う。

 コラボネイルは、ビューティ&ユースの21年春夏のテーマ“トラディショナル(Traditional)”を体現した、5年後も着続けたいと思えるタイムレスなスタンダードアイテムのアクセントカラーとして3色をラインアップ。今シーズンのテーマをベースに「オサジ」にイメージを伝え、カラーサンプルの中からビューティ&ユースの小沼悠子ファッションディレクターとMD担当者が選出した。透け感のあるくすみレッド、山吹色のようなクリーミーなイエロー、陶磁器の釉薬のような透け感をもつエメラルドグリーンをそろえる。

 ビューティ&ユースは2021年春夏シーズン(3月頃)から「オサジ」の製品(フェイスカラー、ネイルカラー、ハンドクリーム、ネイルセラム)の取り扱いを開始。これまでスキンケアやオードトワレなどコスメを展開してきたが、新規のコスメブランドの取り扱いをウィメンズのビューティー&ユース全店舗で開始するのは久しぶりだという。ビューティ&ユースの広報担当者は「『オサジ』の取り扱いを始め、想定通り需要の高まりを感じた。いま、服飾や小物だけではなく、メイクなども含めたトータルでファッションを楽しむ人や、このような状況下で自分に対して『労り』や『癒し』を求める人が増加しており、ビューティー&ユースとしての新たな商品提案の1つとして今回のコラボに至った。今後、コスメを含めた提案を考えており、コスメカテゴリーの拡充も検討している」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら