ビューティ

資生堂の日用品事業を引き継ぐ新会社「ファイントゥデイ資生堂」設立

 資生堂は1月にヘアケアブランド「ツバキ(TSUBAKI)」やスキンケアブランド「専科(SENKA)」などを扱うパーソナルケア事業(日用品事業)の売却を発表したが、その事業を引き継ぐ新会社の名称がファイントゥデイ資生堂に決定した。7月1日から稼働し、国内のドラッグストアや量販店のほか、中国やアジア市場での展開を加速する。

 ファイントゥデイ資生堂は、資生堂や投資ファンドのCVCキャピタルパートナーズが出資。資生堂の出資比率は35%を占める。今後、スキンケアやヘアケアなどのパーソナルケア製品のマーケティング・販売などを行う。ブランドの育成強化やグローバル展開、DX推進などのイノベーションも加速する。資生堂は同社に従事する社員がこれまで通り業務に専念できる環境作りをサポートするほか、成長支援を行っていく。

 社長兼CEOにはアスキーやカネボウなどで手腕を発揮してきた小森哲郎氏が就く。小森社長は「資生堂の丁寧な製品開発のDNAを引き継ぎ、これまで以上にお客さま目線でモノ作りに取り組む」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。