ビューティ

資生堂の日用品事業を引き継ぐ新会社「ファイントゥデイ資生堂」設立

 資生堂は1月にヘアケアブランド「ツバキ(TSUBAKI)」やスキンケアブランド「専科(SENKA)」などを扱うパーソナルケア事業(日用品事業)の売却を発表したが、その事業を引き継ぐ新会社の名称がファイントゥデイ資生堂に決定した。7月1日から稼働し、国内のドラッグストアや量販店のほか、中国やアジア市場での展開を加速する。

 ファイントゥデイ資生堂は、資生堂や投資ファンドのCVCキャピタルパートナーズが出資。資生堂の出資比率は35%を占める。今後、スキンケアやヘアケアなどのパーソナルケア製品のマーケティング・販売などを行う。ブランドの育成強化やグローバル展開、DX推進などのイノベーションも加速する。資生堂は同社に従事する社員がこれまで通り業務に専念できる環境作りをサポートするほか、成長支援を行っていく。

 社長兼CEOにはアスキーやカネボウなどで手腕を発揮してきた小森哲郎氏が就く。小森社長は「資生堂の丁寧な製品開発のDNAを引き継ぎ、これまで以上にお客さま目線でモノ作りに取り組む」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら