ビューティ

パリ発ビーガンネイル「マニキュリスト」がロンハーマンとコラボ 京都バルにも日本初のサロン

 ファッションとビューティの商業施設「京都バル(BAL)」を運営する中澤ホールディングスはこのほど、フランス・パリ発のビーガンネイルブランド「マニキュリスト(MANUCURIST)」の独占販売権を取得した。3月12日には京都バルの4階に日本初の実店舗をオープンし、製品の販売だけでなくマニキュアやケアの施術も提供する。また、これまで日本の正規代理店だったサハラ・インターナショナルグループはネイルポリッシュを中心に輸入してきたが、新体制の下、今後はジェルネイルやケアアイテムなども展開する。

 主力製品の“グリーン ナチュラル ネイルカラー”(50色〜、各2700円)はキャッサバや綿、じゃがいもなどの植物由来成分で構成され、トルエンやDBP、ホルムアルデヒドなど9つの成分を含まない9フリー処方を採用。ベースコートやトップコート、リムーバーも植物由来成分を配合し、爪への負担を考慮している。キッズ向けの“プティ マニキュリスト”(全12色、各1300円)は7フリー処方かつ石けんと水で簡単に落とせ、子どもでも安心して使えるネイルポリッシュだ。

 また、3月20日にはロンハーマン(RON HERMAN)とコラボしたコフレセットを全国の「ロンハーマン」で発売した。根岸由香里・ディレクターが愛用していたカーキカラーを復刻し、トップコートとベースコートをセットにしたものだ。5月1日にはネイルケアシリーズ6種を発売する。古い角質を取り除くキューティクル リムーバーや6つの植物油で保湿を強化するオイル、爪の保湿や水分補給を行うベース、凹凸のある爪を滑らかにするベースなどをラインアップする。さらに9月には本国でも人気だというクイックジェルネイルシリーズが日本上陸する予定だ。自爪を削る必要がなく、オフも専用のリムーバーで簡単に行うことができるものだ。

 「マニキュリスト」は「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「プラダ(PRADA)」などでVMDとして活躍したガエル・ルブラ・ペルソナージュ(Gaelle Lebrat-Personnaz)が手掛けるナチュラルネイルブランドだ。2015年に家業の「マニキュリスト・パリ」を両親から受け継ぎ、「全ての人のために、より安全で、よりクリーンな製品を生み出すこと」を目標に、サステナブルでクリーンなブランドに進化させた。その結果、17年に最大約84%が植物由来の成分で作られたネイルポリッシュ“グリーン”シリーズを発売した。製品は動物実験を行わず、英ビーガンソサエティ(VEGAN SOCIETY)の認証も取得。リニューアル以来人気を集めており、フランス国内で15〜19年の成長率は93%を記録するほどだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら