ビューティ

タカラトミー新規事業の第1弾はネイルチップ専用のプリント機 百貨店や商業施設で展開

 玩具メーカーのタカラトミーは昨年11月、新規事業領域の拡大を図るべく、“遊び”をキーにしたトレンド商品の開発を行う「Hitsビジネス本部 ファッションエンターテイメント事業室」を設立した。その第1弾として今春、ネイルチップが作成できる専用プリント機「ネルチップ」を全国で展開する。3月20日からタイトーステーション新宿東口店など6カ所で先行稼働し、4月上旬からは全国のアミューズメント施設や百貨店、商業施設、コスメ・アクセサリーショップなどで順次稼働する。1プレイ(14枚)500円。

 同社によると、「取り外しが簡単なネイルチップは、学校や部活、アルバイトなどで普段ネイルが難しい人も楽しめる」とし、ティーンから大人までをターゲットに展開する。広報担当者は、「百貨店や商業施設に設置する場合は玩具売り場ではなく、ティーンが立ち寄れるような場所を想定する。年内に1000台の設置を目指す」と話す。

 ネイルデザインは中高生の意見を参考にした300種類以上をそろえる。専用のスマートフォンアプリも用意し、写真やイラストを取り込んだオリジナルデザインの作成も可能だ。インクジェットのプリント技術を活かし、印刷時間は約50秒と短時間で完成する。チップサイズは1種で、最大サイズは縦15.75mm×横12.67mm、最小サイズは縦11.31mm×横6.7mmの左右各7サイズをそろえる。

 イメージキャラクターには、ティックトック(TikTok)やユーチューブ(YouTube)など総フォロワー数500万超えの、なえなのを起用。単独出演初となるテレビCMを展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら