ビューティ

「鬼滅の刃」の禰豆子をメイクで再現 森ニーナのユーチューブ動画が話題

 モデルでユーチューバーの森ニーナが投稿した動画“ねずこ風メイク!現代風アレンジ”が、映画“鬼滅の刃 無限列車編”の公開を前に話題になっている。

 これは、大ヒット漫画“鬼滅の刃”に登場する人気キャラ、竈門禰豆子(かまど・ねずこ)をフィーチャーし、“もしも竈門禰豆子が実在したら”というテーマで“似せメイク”のノウハウを紹介した動画。「禰豆子が大人になった感じ」「似てるのにメイクが自然」「日常メイクの参考にしたい」といったコメントが寄せられるなど好評だ。

 まずはカラーコンタクトレンズとアイテープでアイメイクのベースを作り、ウユクリーム(韓国発の「肌印象が明るくなる」と話題のクリーム)などで生気のないパウダリーな色白肌を再現。頬のこけている部分をファンデーションで明るくして幼い丸顔を作り、額の中心を明るくして禰豆子のチャームポイントである“まんまるおでこ”に仕上げた。さらに目の外側の影をコンシーラーで隠してドーリーに見せ、禰豆子のもう1つの特徴である“下がり眉”をコンシーラーを使って作った。

 「ナチュラルなのに似ているメイクに仕上がったと思う。“鬼滅の刃”を知らない人にも楽しんでもらえるよう、つけまつげはなしでカラコンにするなど、使いやすいコスメにこだわって作った」と森ニーナはコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら