ビューティ

「ケイト」が「エヴァンゲリオン」とコラボ 「誰かのためじゃない、あなた自身の“色”のために」とシンクロ

 カネボウ化粧品のセルフメイクブランド「ケイト(KATE)」は2021年2月2日、「エヴァンゲリオン(EVANGELION)」とコラボレーションした限定品“レッドヌードルージュ”を発売する。「アマゾン(AMAZON)」と「ロハコ(LOHACO)」「アットコスメ(@COSME)」で販売予定で、20年11月14日にウェブ予約をスタートする。「NO MORE RULES」をスローガンに「自分の色は、自分で決める」という思想で斬新なメイクを提案してきた「ケイト」と、物語が進むにつれて「自分の人生は、自分で決める」という自我が芽生えているように感じられる綾波レイの“シンクロ率”が高いことからコラボレーションが実現。外箱には「誰かのためでなく、好きな自分になるために」との思いを抱きながら、はじめて赤リップを塗った綾波レイのイラストを描いた。作品中の「誰かのためじゃない、あなた自身の願いのために」という名フレーズを思わせる。

 「ケイト」は同社のSNSで、「NO MORE RULES. KATE」という綾波の声などをアップ。「綾波……?」「綾波!!」など、作品の主人公、碇シンジを思わせるツイートなどが上がり始めている。

 商品は全4種。2色のクリームルージュを収めたパレットの外側には、綾波の唇をプリント。パレットの後ろのシールには、「ロンギヌスの槍」を描いた。“レッドヌードルージュ”は、いずれも赤い下地を塗った後、その赤を肌になじませるためにベージュを重ね、自分の色を決める。20年5月に発売した既存品同様、唇をいたわりながら、高い潤いと鮮やかな発色を叶える、とろける潤いペーストを配合したバーム由来処方にした。価格は1800円(編集部調べ)だ。

 「エヴァンゲリオン」は1995年のテレビシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」以来、世界的な人気を誇るアニメーション作品。人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった14歳の少年少女、シンジやレイが、次々と襲来する謎の敵「使徒」と戦う様子を描いている。2007年には映画の新シリーズ「エヴァンゲリヲン新劇場版」がスタート。これまでに「序」「破」「Q」が放映され、シリーズ最新作となる「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開が待たれる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら