ビューティ

“鶴の恩返し”“狐の嫁入り”のヒロインがメイクに!? 「ケイト」から「東京ヲトギバナシ」登場

 メイクブランド「ケイト(KATE)」から12月1日、日本の昔話に着想を得たメイクアイテムが登場する。「狐の嫁入り」「鶴の恩返し」「かぐや姫」を再解釈し、各ストーリーに合わせた“強く美しいヒロインメイク”を提案する。パッケージはイラストレーターのチバコウタロウが手掛け、ドラッグストアやスーパー、化粧品専門店、一部オンラインショップで販売する。

 登場するメイクアップは「東京ヲトギバナシ」をテーマに、日本の昔話を「ケイト」が考える3種のヒロイン像で表現。「狐の嫁入り」を再解釈した「狐火の合図」は、稲荷神社の鳥居や番傘の朱赤、狐の金色をイメージし、怪しげな魅力と愛らしさを秘めたメイクを提案。「鶴の恩返し」を再解釈した「秘密の羽音」は、目尻に入れた赤が丹頂鶴をイメージさせ、紫と金と赤が透明感を引き出すモードでミステリアスなメイク。「かぐや姫」を再解釈した「月夜の竹藪」は、凛とした強さとオシャレ感を持つクールでかっこいい印象のメイクを提案する。

 それぞれのストーリーには、目元や頬などマルチに使える6色パレット“トーンディメンショナルパレット”(1800円)、2色セットのクリームルージュ“レッドヌードル〜ジュ”(1800円)、極細のジェルアイライナー“レアフィットジェルペンシル”(1100円)を用意。また、11月からブランドサイトで「東京ヲトギバナシ」の3つのストーリーの動画を公開予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら