ビューティ

長井かおりと「オンリーミネラル」のコラボラインから“擬似眉カラー”のアイブロウが登場

 ヤーマンのミネラルコスメブランド「オンリーミネラル(ONLY MINERALS)」は9月5日、長井かおりメイクアップアーティストとコラボするメイクアップライン「エヌ バイ オンリーミネラル(N by ONLY MINERALS)」から秋冬コレクションを発売する。新アイテムとしてアイブロウやリップ美容液を追加し、ソリッドチークとマルチカラーパウダーからは新色が登場。価格は2300~3500円で、直営店や公式オンラインストア、バラエティショップなどで展開する。

 長井メイクアップアーティストはアイブロウについて、「マスクが手放せない日々だからこそ、眉がいい感じに描けたらそれだけで1日いい気分。〝誰でも失敗なく自眉のように自然に描ける眉〟のメソッドに必要なアイテムをコンパクトに詰め込んだ。毛の色に近い『擬似眉カラー』と、ボリュームや柔らかさを添えるマーブル柄の「ふんわりカラー」のセットで、色の配分を変えることでさまざまな印象の眉が描ける」と説明する。

 「エヌ バイ オンリーミネラル」は2020年1月にデビューした。それを前に、「オンリーミネラル」では、19年春夏コレクションで販売した「ミネラルピグメント」の新色開発で、長井メイクアップアーティストとコラボしている。このコラボが、「どれも使いやすいカラー」「ナチュラルコスメなのに発色が良い」などの反響を集め、ファンが急増した。「これまでベースメイクの売り上げが主流だったが、カラーメイクアイテムの売り上げ比率が上がり、20代前半~40代まで幅広い層のお客さまの取り込みに成功した」とPR担当者は話し、メイクアップラインの誕生に至った。

 今後も“長井流”のメイクメソッドを実現するアイテムを拡充する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら