ビューティ
特集 図解 ファッション&ビューティ業界2024 第5回 / 全5回

花王からI-NEまで、日本の主要ビューティ企業16社の売上高&最新動向

有料会員限定記事

花王からI-NEまで、日本の主要ビューティ企業16社の売上高&最新動向

日本の主要ビューティ企業16社を紹介。国内の化粧品市場は円安が大きな追い風となりインバウンド需要が回復傾向にある。各社の業績はコロナ禍前の水準に迫るが、過去最高売上高を記録する企業も目立つ。コロナ禍前の日常生活が戻りつつあるいま、各社の取り組みに注目だ。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月1日号からの抜粋です)

総合メーカー

花王

花王

2023年12月期 売上高

1兆5325億円

2386億円※化粧品事業

最近の注目動向

化粧品事業のグローバル化を加速。「センサイ(SENSAI)」「モルトンブラウン(MOLTON BROWN)」「キュレル(CUREL)」はグローバル化の基盤づくりを推進し、「カネボウ(KANEBO)」「ケイト(KATE)」への戦略投資を拡大している。同事業の売上高は27年12月期に3000億円規模を目指す。24年はアイスタイルと「RNA共創コンソーシアム」を共同で設立し、化粧品の“マッチングシステム”を構築したサービスの実装を控える。ヘアケア事業は再構築を図り新ブランドを投入。

傘下ブランド

「カネボウ(KANEBO)」「センサイ(SENSAI)」「ケイト(KATE)」「モルトンブラウン(MOLTON BROWN)」「キュレル(CUREL)」「スック(SUQQU)」「アスレティア(ATHLETIA)」「RMK」「ルナソル(LUNASOL)」「エスト(EST)」「ソフィーナiP(SOFINA IP)」「フリープラス(FREEPLUS)」「アルブラン(ALBLANC)」「トワニー(TWANY)」「リサージ(LISSAGE)」「ミラノコレクション(MILANO COLLECTION)」「プリマヴィスタ(PRIMAVISTA)」「デュウ(DEW)」「メディア(MEDIA)」「アンリクス(UNLICS)」「ビオレ(BIORE)」「オリベ(ORIBE)」「エッセンシャル(ESSENTIAL)」「メリット(MERIT)」「メルト(MELT)」「セグレタ(SEGRETA)」「ロリエ(LAURIER)」「アタック(ATTACK)」「バブ(BUB)」「メリーズ(MERRIES)」「キュキュット(CUCUTE)」「ハイター(HAITER)」「リセッシュ(RESESH)」など

この続きを読むには…
残り5081⽂字, 画像15枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。