ファッション
特集 図解 ファッション&ビューティ業界2024 第1回 / 全5回

LVMHからファストリまで、世界の主要ファッション企業10社の売上高&最新動向

無料で読める

LVMHからファストリまで、世界の主要ファッション企業10社の売上高&最新動向

ファッション業界では、LVMH、ケリング、コンパニー フィナンシエール リシュモンが“ラグジュアリー御三家”と呼ばれてきたが、企業規模を踏まえると、もはやLVMHの一強といっても過言ではないだろう。売上高はそのグループの影響力を反映している。ここでは、知っておきたいグローバルなキープレーヤー10社を紹介する。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月1日号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

ラグジュアリー系

LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン

LVMH MOËT HENNESSY LOUIS VUITTON
(フランス)

2023年12月期 売上高

約14兆429億円
(861億5300万ユーロ)

最近の注目動向

2024年2月、米タレントコンサルティング会社とジョイントベンチャーを立ち上げ、エンターテインメント業界に進出。同社が擁する70以上のブランドとエンタメ分野の協業を促進することが狙いで、映画やテレビ番組に関するさまざまな企画を共同で開発、制作、プロデュースするほか、資金提供も行うという。

傘下ブランド

ワイン&スピリッツ
モエ・エ・シャンドン(MOET & CHANDON)」「ドン ペリニヨン(DOM PERIGNON)」「ヴーヴ・クリコ(VEUVE CLICQUOT)」「クリュッグ(KRUG)」「メルシエ(MERCIER)」「ルイナール(RUINART)」「シャトー・ディケム(CHATEAU D'YQUEM)」「ヘネシー(HENNESSY)」「ベルヴェデール(BELVEDERE)」「グレンモーレンジィ(GLENMORANGIE)

この続きを読むには…
残り5082⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。