MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)のニュース・ライン・デザイナーなどの紹介

10秒で読む

■ MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)のはじまり

1984年、当時学生だったマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)が立ち上げたシグニチャーブランド。卒業コレクションが業界で目に留まり、一躍その名を広める。マークのクリエイションの原点とも言える“グランジ”は、今もなお象徴的に取り入れられている。コレクションラインの「マーク ジェイコブス」に加え、「マーク BY マーク ジェイコブス」(2015-16年秋冬をもって休止)や「ザ マーク ジェイコブス(THE MARC JACOBS)」などを展開し、NYを代表する世界的ブランドに成長する。

■ MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)の歴史

1984年、ニューヨークにあるパーソンズ美術大学(Parsons School of Design)に通っていたマークは、ロバート・ダフィー(Robert Duffy)と出会い、ジェイコブス・ダフィー・デザイン社(Jacobs Duffy Designs Inc.)を設立。「マーク ジェイコブス」をスタートする。マークは当時、パーソンズでの卒業制作のニットセーターで、主席に与えられる「ペリー・エリス(Perry Ellis)金の指貫賞」と「最優秀デザイン学生賞」などを受賞し、注目を集めていた。86年、カシヤマUSAのバックアップの元、初コレクションを発表する。
93年、社名をマーク ジェイコブス インターナショナル(MJI)に変更。94年、ニューヨーク・ファッション・ウイークに初参加。メンズおよびウィメンズのフットウエアコレクションを発表する。97年、マークはLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)擁する「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のアーティスティック・ディレクターに就任(〜2013年)。同時にMJIはLVMHの傘下に入る。また自身初のショップをNYのマーサー・ストリートにオープン。アメリカファッション協議会(CFDA)の「ウィメンズ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞する。
2000年、メンズ(〜17-18年秋冬)とセカンドラインの「マーク BY マーク ジェイコブス」(01年春夏〜15-16年秋冬)をスタート。01年、初の香水「マーク・ジェイコブス・パフューム(Marc Jacobs Perfume)」を発表。04年、アイウエアと時計のコレクションを発表。06年、英陶磁器ブランド「ウェッジウッド(WEDGWOOD)」とのテーブルウエアを発表。07年、キッズラインをスタート。香水「デイジー マーク ジェイコブス(DAISY MARC JACOBS)」を発表。08年、日本法人を設立。10年、書籍やステーショナリーを集積した業態「ブックマーク(BOOKMARC)」をNYのブリーカー・ストリートにオープン。また「マーク ジェイコブス青山」をオープン。13年、「マーク BY マーク ジェイコブス」のウィメンズラインのクリエイティブ・ディレクターにケイティ・ヒリヤー(Katie Hillier)が、デザイン・ディレクターにルエラ・バートリー(Luella Bartley)が就任。10月、「ブックマーク」アジア初店舗を原宿にオープン。カラーメイクコレクションをセフォラ(Sephora)と共同開発したコスメライン「マーク ジェイコブス ビューティ(MARC JACOBS BEAUTY)」をローンチ。
14年7月、CEOにセバスチャン・スール(Sebastian Suhl)=ジバンシィ(GIVENCHY)CEO(当時)が就任。16年6月、MJIと日本法人の合弁により、住友商事が保有していた日本法人の株式34%を譲渡。17年7月、MJIのCEOにエリック・マレシャル(Eric Marechalle)=ケンゾー(KENZO)CEO(当時)が就任。18年9月、ブランドのデザインチームに自身のブランドを去ったアクセサリーデザイナーのオランピア・ル・タン(Olympia Le Tan)が加入。
19年、プレ・フォールから「ランウエイ(RUNWAY)」と、コンテンポラリーライン「ザ マーク ジェイコブス」をスタート。20年9月、ユニセックスライン「ヘブン バイ マーク ジェイコブス」をローンチ。21年11月、「マーク ジェイコブス」NY旗艦店でデビューショーを行った小泉智貴デザイナーによる「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」とコラボし、日本限定コレクションを発売。22年7月、新コンセプトストアとして表参道店をオープン。11月、井野将之デザイナーによる「ダブレット(DOUBLET)」とコラボ。

■ MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)のデザイナー

マーク・ジェイコブス:

1963年4月9日ニューヨーク市生まれ。78年、ハイスクール・オブ・アート・アンド・デザイン(High School of Art and Design)に通いながら、ヨーロッパブランドのセレクトショップ「シャリバリ(Charivari)」でアルバイトを始める。81年、パーソンズ美術大学に入学。84年、同校の卒業制作のニットセーターで、主席に与えられる「ペリー・エリス金の指貫賞」と「最優秀デザイン学生賞」などを受賞。この頃、ロバート・ダフィーとジェイコブス・ダフィー・デザイン社を設立。また、セブンス・アヴェニューのアパレルメーカー、ルーベン・トーマス社(Reuben Thomas Inc.)で「スケッチ・ブック(Sketchbook)」という新ブランドのデザイナーになる。86年、カシヤマUSAのバックアップの元、シグニチャーブランド「マーク ジェイコブス」の初コレクションを発表する。87年、CFDAから新人に与えられる「ペリー・エリス賞」を最年少で受賞する。89年、ロバート・ダフィーと共にペリー・エリス社に入る。マークは、ウィメンズスポーツウエア(カジュアルウエア)のデザインを監修し、若くしてNYを代表するデザイナーズブランド「ペリー・エリス」のウィメンズデザインのヴァイス・プレジデントに就任。
92年、徐々に普及し始めていたグランジファッションが持つダウン・ビートにインスパイアされ、素材を生かしたレイヤードデザインのグランジコレクションを「ペリー・エリス」のコレクションで発表。好評を博し、CFDAで最も栄誉ある「ウィメンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞する。しかし保守的な「ペリー・エリス」の顧客には、受け入れられず、コレクションラインを終了、マークは契約中に解雇された。97年、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のアーティスティック・ディレクターに就任(98-99年秋冬〜2014年春夏)。
2002年、CFDA「メンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。07年9月、08年春夏「マーク ジェイコブス」のショーが2時間遅れでスタートしたことで、来場していたジャーナリストやエディターは激怒。以降は時間通りの開催になったことは逸話(しかし19年春夏に約10年ぶりにマークが90分の大遅刻。自身のインスタグラムで謝罪し、またも話題を集めた)。10年、米「タイム(Time)」誌が選出する世界で最も影響力のある100人「Time 100」にデザイナーとして初めて選ばれる。19年4月、かねてから交際していたモデルでキャンドルメーカーのチャー・デフランチェスコ(Char Defrancesco)と結婚。

■ MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)の代表的なブランド・ライン

「マーク ジェイコブス」:

1984年にスタートしたコレクションライン。86年に初コレクションを発表し、94年にニューヨーク・ファッション・ウイークに参加して以来、ショー形式でコレクションを発表。2018年には、マークが「ペリー エリス」在籍中の93年春に発表した “グランジ”コレクションの25周年を記念し、カプセルコレクション“REDUX GRUNGE COLLECTION 1993 / 2018 MARC JACOBS”で復刻。

「マーク BY マーク ジェイコブス」:

2001年春夏に、コンテンポラリー・ゾーンのセカンドラインとしてスタート。日本では百貨店や駅ビルなど数多くの店舗を構えていた。15年、「マーク ジェイコブス」に統合する形で15-16年秋冬をもって休止。

「ザ マーク ジェイコブス」:

2019年プレ・フォール〜。コレクションライン「マーク ジェイコブス」のコンテンポラリーライン。スヌーピー(SNOOPY)で知られるピーナッツ(PEANUTS)やニューヨーク・マガジン(New York Magazine)などとクリエイティブパートナーシップを提携するなどし、幅広いグッズを展開。同年、「マーク ジェイコブス」としては2年ぶりとなるメンズウエアを発表した。

「ヘブン バイ マーク ジェイコブス」:

2020年9月に立ち上げたユニセックスライン。1990年代以降のサブカルチャーを再解釈し、多面的なキャラクターたちが描かれる世界観を描く。10月にはバッグをローンチ。

■ MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)の成長の要となった代表アイテム

“クラシック Q(CLASSIC Q)”:

2007年に「マーク BY マーク ジェイコブス」から発売。ミリタリーライクなロゴプレートと丸みのあるシルエットが特徴的。誕生15周年の22年、「マーク ジェイコブス」表参道店オープンを記念して復刻。

“トラブル(TROUBLE)”:

2014-15年秋冬にデビューしたチェーンバッグ。1960年代のハンドバッグにインスパイア。シックスダイヤモンドカットのチェーンやカスタムメードされた丸いクロージャーがジュエリーライクと話題に。

“ザ J マーク”:

2016年春夏〜。新生「マーク ジェイコブス」のシンボルとして、バッグやスモールレザーバッグなどにあしらわれた、アルファベットのJを組み合わせたデザイン。“ザ スナップショット(THE SNAPSHOT)”や“ザ J マーク ショルダー バッグ(THE J MARC SHOULDER BAG)”などにも使用。20-21年秋冬には“J マーク”のモチーフを横にした“ザ J リンク(THE J LINK)”が誕生。21-22年秋冬には、バッグ“ザ J マーク サッチェル”を発売。

“ザ スナップショット”:

2016年春夏〜。クラシカルなカメラバッグ型のショルダーバッグ。コンパクトなボディと太めのストラップ、“J マーク”のロゴが特徴。22年秋には、アーカイブのディテールを落とし込んだ新しいデザインも登場。

“ザ トート バッグ(THE TOTE BAG)”:

2020年にデビュー。しっかりとしたハンドルとストラップがついたトートバッグ。素材はキャンバスが定番だが、レザーやジャカード、メッシュ、クロコの型押しなども用意。また、カラーブロッキングやスパンコールといったデザインも豊富だ。スマホやタブレット、ノートパソコンに合わせた4種類のサイズをそろえる。

“ザ モノグラム コレクション(THE MONOGRAM COLLECTION)”:

21-22年秋冬のショーでデビューしたロゴプリントのコレクション。MARC JACOBSの文字をチェーン状にあしらったデザインはウエアやバッグ、アクセサリーなどでラインアップ。

■ 公式サイト

https://www.marcjacobs.jp/ja_JP/home

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。