ファッション

「コフレドール」が約7000通りのメイクを提案するデジタルカウンセリングサービスをスタート

 カネボウ化粧品は9月17日、「コフレドール(COFFRET D’OR)」のアイテムをデジタル上で試せるメイクカウンセリングサービス「コフミ」の提供を開始した。メイクアイテムを試せるほか、顔写真をもとに、水分や油分、シミ、キメなど顔の特徴を分析し、約7000通りのメイクを提案する「コフミチェッカー」を搭載する。ラインでお友達登録することで利用可能だ。

 「コフミ」は、「お客さまだけの美しさを一緒に発見していきたい、そして時間や距離で店舗に足を運べずカウンセリングが十分に受けられないといった人たちのサポートをしたい」という思いから、バーチャルメイクアプリ「ユーカムメイク(YOUCAM MAKEUP)」を展開する台湾のテック企業パーフェクト(PERFECT)のAI(人工知能)システム「AIフェイスアトリビュート」を世界で初めて導入し、開発に至った。

 また、新型コロナウイルスの影響による店頭でのタッチアップやテスター設置自粛などを受けて、10月からビューティカウンセラーがカウンセリングツールとして「コフミ チェッカー」を使用する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら