ビューティ

LINEが美容に特化したポータルサイトをオープン コスメ情報やショッピング、カウンセリング予約サービスなどを集約

 LINEは8月11日、美容に特化したポータルサイト「ラコレ(LACORE)」をオープンした。AIを活用し、登録情報や閲覧履歴などに応じてユーザーに合ったビューティ記事を表示するほか、参加ブランドの製品をサイト内で購入することができる。スタート時の参加は「エトヴォス(ETVOS)」や「ウズ(UZU)」「ジョンマスターオーガニック(JOHN MASTERS ORGANICS)」など全14ブランド。今後は年内に50ブランドの参加を目標にするほか、化粧品カウンターでのサンプル受け取り予約、カウンセリング予約、LINE電話を活用したオンライン相談などのサービス展開も視野に入れている。

 サイトではトレンドメイクや肌悩みに合った製品の紹介、新作コスメなどさまざまな切り口で記事を展開。参加ブランドの製品には購入ボタンを設けるほか、ブランドの公式LINEアカウントへの誘導も図る。ユーザーが気になった記事や製品情報、ブランドをブックマーク保存しリスト化できるカスタマイズ機能も用意し、口コミなどのレビュー投稿にも対応。製品購入時はスタンプ購入やLINEペイなどに使える“LINEポイント”を1円=1ポイントで還元する。

 約8400万人のユーザーを抱えるLINEは2016年から“スマートポータル戦略”を打ち出し、ヘルスケア相談やクーポンやギフト、ファイナンス、旅行や料理の出前など、さまざまなサービスを提供している。中でもインターネットショッピングのポータルサイトである「LINEショッピング」は現在3500万人を超える会員数を抱え、20年の流通総額は前年比50%増を予測。うち、コスメカテゴリーは全体の10%を占めるなど、大きな存在感を放っている。

 「『LINEショッピング』のユーザー構成比は80%が女性で、主な年齢層は20〜30代。日常的に使う消耗品や日用品の需要が高く、化粧品との親和性も高いことからサービス立ち上げに至った」とLINEサーチセンター ショッピングチームの田村翔平・担当。「LINEショッピング」が欲しいものを探すサイトサイトであるのに対し、「ラコレ」は自分に合う化粧品に出合うサイトとして、新たな情報、製品をユーザーに提供していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら