ビューティ

この春大ヒットした“ルージュ・エルメス”から、24色入りボックスとレザーケース・コレクションが登場

 「エルメス(HERMES)」はメイクアップアイテム「ルージュ エルメス(ROUGE HERMES)」コレクションから24色入りのカラーボックスとレザーケース・コレクションを11月15日に発売する。サテン14色とマット10色の全24色を収めたカラーボックスの価格は17万7600円。世界各国の一部のエルメスブティックで、数量限定で販売する。日本ではエルメス銀座店とエルメスヒルトンプラザ店のほか、エルメス伊勢丹新宿本店本館2階とエルメス阪急うめだ本店2階、ジェイアール名古屋タカシマヤ4階ローズパティオで開催中のポップアップストア「エルメス・イン・カラー(Hermes in Colors)」で取り扱う。

 カラーボックスの商品名は“ピアノ24色”と名付けられた。ジェローム・トゥロン(Jerome Touron)=エルメス ビューティ部門 クリエイティブ・ディレクターは「色彩は音符のようなもの。色同士の組み合わせがハーモニーを作り出す。24色のリップスティックはピアノの鍵盤のように響き合い、これさえあれば、自由自在に色を楽しむことができる」とコメント。

 レザーケース・コレクションは8色のカラーバリエーションをそろえる。仕草を美しく見せることを意図したケースには高品質なレザーを使用し、素材と色の組み合わせやステッチの細部の至るまでミリ単位でこだわった。代々受け継ぐ職人技によりメゾンの伝統であるエレガンスを表現している。

 メイクアップコレクションは、3月にメゾンが初めて展開するカラーコスメとしてスタートし、話題と共に人気を集めた。今回のカラーボックスは、これまで発売したリップスティックの限定色を除いた全カラーを特別なボックスに収めた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら