ビューティ

この春大ヒットした「ルージュ・エルメス」 詰め替え式リップの秋冬限定カラーが登場

 エルメス・インターナショナル(HERMES INTERNATIONAL以下、エルメス)は9月23日に、メゾン初のメイクアップライン「ルージュ・エルメス(ROUGE HERMES)」コレクションから秋冬の新色を数量限定で発売する。ラインアップはローズをテーマとした今季を象徴する3色のリップスティックで、価格は各8000円。エルメス銀座店、エルメス オンラインブティックのほか、エルメス伊勢丹新宿本店本館2階=センターパーク/ザ・ステージ#2と、エルメス 阪急うめだ本店2階 HANKYU BEAUTYエルメスのポップアップストア「エルメス・イン・カラー(Hermes in Colors)」での取り扱いも予定する。また世界各国のエルメスブティックの一部でも今秋から順次発売する。
 
 カラー展開はローズウッドを想起させる落ち着いたカラーから生き生きとした明るいピンク、青みを帯びた深みのあるローズカラーまでがあり、カラーに合わせてサテン2色とマット1色を用意した。同コレクションはサステナビリティの観点から質の高い素材を用いて繰り返し長く使える設計を採用しており、中身の詰め替えが可能な容器となっている。リップスティックの既存カラーの詰め替え用レフィルは4400円で、9月末から販売予定だ。

 エルメスは香水事業に続く化粧品事業として、同コレクションによってメイクアップ事業に参入。今年3月の世界同時発売の際、日本ではブティック前に開店前から行列ができたほか、公式サイトにもアクセスが殺到した。リップスティックを皮切りにファンデーションやスキンケア製品など品目を拡充する予定で、香水、メイクアップ、スキンケアを化粧品事業の3本の柱として育成する計画がある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら