ビューティ

“爪に優しい”NY発ネイル「サンデイズ」が日本上陸 10フリー処方でアメリカのベスコス受賞

 サハラ・インターナショナルグループはニューヨークのネイルサロン「サンデイズ(SUNDAYS)」のオリジナルネイルブランドの独占輸入販売権を取得し、12月10日にビープルコスメキッチンで先行発売、2021年1月15日から公式サイトで販売する。製品はスプルース、メープル、白樺など天然由来成分で作られ、さらにフタル酸ジブチルやホルムアルデヒド、パラベンをはじめとする10種類の化学物質を完全にカット。ビーガンでクルエルティーフリーな処方にもこだわっている。

 日本に上陸するのは16のスタイリッシュなカラー(全16色、各14mL、各2500円)で、ポップなカラーからソフトなパステルまで、日常使いできる色がそろう。中でも鮮やかなレッド“No.13 チリペッパーレッド”は米美容誌「アリューア(ALLURE)」、モーブパープルの“No.21 パープルグレープ”は「ナイロン(NYLON)」、肌になじむヌードカラー“No.7 ウォームヌード”は「スポットライト(SPOTLYTE)」のアワードを受賞している。どれも高発色で塗りやすく、塗りやすさや持続性にこだわっている。ネイルカラーに加え、ベースコート(14mL、2500円)、速乾性でUVカットするトップコート(14mL、2500円)、アセトンフリーでビタミンやエッセンシャルオイルを配合したリムーバー(120mL、3600円)を発売する。

 「サンデイズ」はニューヨーク・マンハッタンに3店舗を構える。施術中にアロマキャンドルを焚いたり、マインドフルネス音楽を流したり、ウエルネスをテーマにリラックスできる空間とサービスを提供している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら