ビューティ

「セルヴォーク」の2021年春夏コレクションは“ビターピンク”を提案 エアリーなフェイスカラーが初登場

 「セルヴォーク(CELVOKE)」は2021年1月8日、2021年春夏コレクションを発売する。“愛”をテーマに、ほのかにくすみを帯びたピンクのカラーバリエーションとビターなパープル系のムードを仕込むアイテムをラインアップする。

 「セルヴォーク」といえば、赤みを帯びたくすみオレンジの“テラコッタ”のリップやグロスが大ヒットし、テラコッタカラーブームをけん引してきたが、今シーズンは“ビターピンク”をキーカラーにした。田上陽子クリエイティブ・ディレクターは、「今年は一度立ち止まり、自分自身を見つめ直す機会が多かった。新型コロナで生活様式が変わる中で、沈んだ気持ちをハッピーに、そして未来に向けて普遍的で本質的な美しさを提案すべく、『セルヴォーク』らしいピンクを打ち出す」と話す。

 植物由来のオイルを配合しムラなく密着するアイカラー“ヴォランタリー アイズ”は、ピンクからパープルにかけてレイヤリングが楽しめる新色4色と限定4色(各2000円)の抜け感のあるペールトーンカラーをそろえる。肌から浮かない透け感のある発色で奥ゆきのある目元を演出する。

 今回初登場の“ブロウイング フェイスカラー”は、ピンクからベージュにかけて、毛穴や小ジワなどをスムースにカバーする限定3色(各3200円)を用意する。クリーム状からパウダー状へと変わるテクスチャーで、セミマットな肌をかなえる。

 そのほか、ピンクニュアンスを帯びた新色2色と限定2色をそろえるクリアな発色の“エンスロール グロス”(各2800円)や、パールでくすみ感を帯びた限定3色を用意する“シュアネス アイライナーリキッド S”(各2800円)、水・汗・皮脂に強いラスティングタイプの“シュアネス アイライナーリキッド C”には、深みのあるディープレッド(2800円)が限定で仲間入りする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら