ビューティ

「RMK」の2021年春コレクションのテーマは「ブルーミング イン ザ シティ」 キーカラーはベージュ

 「RMK」は2021年春コレクション「ブルーミング イン ザ シティ」を2021年1月4日に発売する。洗練されたベージュをキーカラーにアイシャドウやチーク、リップスティックなど全8アイテムをそろえる。

 KAORIクリエイティブ・ディレクターは、「20年は赤をキーカラーに集大成的なカラーメイクを提案した。21年は大人の女性として次のステージに行くために、顔色が悪く見える、イエローベースだからという理由から日本の女性には難しい色とされるベージュにあえてチャレンジした。ナチュラルやカジュアルと思われがちだが、ヌーディーなものを綺麗に仕込むことで自分自身の持っている美しさを呼び覚ますことができる」と話す。

 キーアイテムは、“ザ ベージュライブラリー アイシャドウデュオ”(全5種、各4000円)は、クリームとパウダーがセットになった3WAYアイシャドウだ。軽やかなオイルを抱え込んだクリームは滑らかに広がってまぶたに密着し、クリアな発色でしっとりと艶やかな目元を演出する。きめ細かなパール配合のパウダーは軽やかでカジュアルな仕上がりに。さらにクリームの上からパウダーを重ねると繊細なきらめきが加わり印象を変えることができる。

 そのほか、自然な立体感を引き出すカラーと光を集めて艶めく偏光パールの2色をセットにした“ザ ベージュライブラリー ブラッシュデォ”(全4種、うち限定1種、各4000円)やベージュリップのための新処方を採用した“ザ ベージュライブラリー リップスティック”(全5色※数量限定、各3500円)など、骨格を際立たせるアイテムを展開する。

 なお「RMK」は、11月24日からビューティコミュニケーターによるオンラインカウンセリングを開始する。予約不要で気軽に受けられるクイックカウンセリング(15分)と、事前予約制でよりじっくりと行うパーソナルカウンセリングの2つを用意。最新コレクションの紹介やマスクメイクのポイント、おこもり美容におすすめのアイテムの提案など、希望に合わせて1対1でカウンセリングする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら