ファッション

「ドゥーズィエム クラス」がヒット商品の裏側をIGTVで公開 作り手の声を伝える初の試み

 ベイクルーズグループが運営する「ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE)」は、ブランドのヒット商品“FF30”シリーズの製作過程を特集したムービーをインスタグラムのIGTVで公開した。一本の糸から商品が出来上がる様子やデザイナーのインタビューを収録しており、同ブランド初となる試みだ。

 これまではシーズンごとにECサイトの特集ページで、商品の特徴やブランドの世界観を紹介していた。通常デザイナーから店舗スタッフを通して顧客に伝える作り手の熱意を、より直接伝えられないかとの考えから今回のムービー制作に至った。“シンプルでいいもの”を届けるというブランドのコアな部分はそのままに、一発撮りのインタビューによるデザイナーの生の声や現場の温度感が伝わる手作業のシーンなどを通して、物作りのこだわりを伝える。ムービー内ではそのほか、日本では珍しいドイツのシェラー社の編み機を職人が使う様子や「10人中10人が似合ってほしい」とデザイナーが服に込める思いを語る様子を収めた。

 ムービーと同時に公開した2020年春夏の特集ページでは“MY BASIC”と題し、「華やかなニュアンスを演出する深めのボトルネック」や「出し入れしやすいコートのポケットの角度」などアイテムのディテールを細やかに紹介する。2014年にスタートした定番の“FF30”シリーズは入荷する度即完売するなど人気を博しており、毎シーズントレンドに合わせてアップデートしている。価格帯はカーディガンが2万5000円、プルオーバーが1万9000円。

 ブランドのファンであるインスタグラムのフォロワーに訴求できるIGTVなどを通して今後も同様の試みを続け、ブランドのメッセージを発信していく。

IGTVで公開したムービー

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。