ファッション

「ドゥーズィエム クラス」がヒット商品の裏側をIGTVで公開 作り手の声を伝える初の試み

 ベイクルーズグループが運営する「ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE)」は、ブランドのヒット商品“FF30”シリーズの製作過程を特集したムービーをインスタグラムのIGTVで公開した。一本の糸から商品が出来上がる様子やデザイナーのインタビューを収録しており、同ブランド初となる試みだ。

 これまではシーズンごとにECサイトの特集ページで、商品の特徴やブランドの世界観を紹介していた。通常デザイナーから店舗スタッフを通して顧客に伝える作り手の熱意を、より直接伝えられないかとの考えから今回のムービー制作に至った。“シンプルでいいもの”を届けるというブランドのコアな部分はそのままに、一発撮りのインタビューによるデザイナーの生の声や現場の温度感が伝わる手作業のシーンなどを通して、物作りのこだわりを伝える。ムービー内ではそのほか、日本では珍しいドイツのシェラー社の編み機を職人が使う様子や「10人中10人が似合ってほしい」とデザイナーが服に込める思いを語る様子を収めた。

 ムービーと同時に公開した2020年春夏の特集ページでは“MY BASIC”と題し、「華やかなニュアンスを演出する深めのボトルネック」や「出し入れしやすいコートのポケットの角度」などアイテムのディテールを細やかに紹介する。2014年にスタートした定番の“FF30”シリーズは入荷する度即完売するなど人気を博しており、毎シーズントレンドに合わせてアップデートしている。価格帯はカーディガンが2万5000円、プルオーバーが1万9000円。

 ブランドのファンであるインスタグラムのフォロワーに訴求できるIGTVなどを通して今後も同様の試みを続け、ブランドのメッセージを発信していく。

IGTVで公開したムービー

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら