ファッション

ドゥーズィエム クラス2019-20年秋冬トレンド セレブの機内スタイルをイメージ

 ベイクルーズグループのドゥーズィエム クラス(Deuxieme Classe)では、オリジナル品の人気が高くよく売れる。微調整を加えた定番品をシーズンごとのテーマに沿ったスタイリングで鮮度を上げて提案するのがうまい。2019-20年秋冬は、「オリジナル品のデザインを手掛けるベテランと若手の企画担当に加え、これまで“名品”と呼ばれる定番品を数多く生み出したスタッフが産休から戻ってきて、オリジナル品がさらに充実した」(広報担当者)という。3つのテーマに沿って、3人の企画担当がそれぞれ手掛けているが、いずれもカラーパレットはベージュからブラウンを基調にしている。

 1つ目のテーマは“ラグジュアリートリップ”。セレブリティーの機内のリラックススタイルを表現した。例えば、ニットのセットアップや、ビンテージ加工したスエットにさらっとストールを巻いたようなスタイルだ。強化したのはファーアイテムで、“カジュアルに着られるファー”をコンセプトにブルゾンやフード付きのムートンコートなどを用意した。また異素材をミックスしたファーアイテムもそろう。

 2つ目のテーマは“Every day I like”。トラッドをベースにストリートウエアの要素を取り入れた。ジャケットとパンツ、ニット素材のセットアップなど、スポーティーにキレイに着こなせるコーディネートを提案する。

 3つ目は産休明けのデザイナーが手掛けたという“ドゥーズィエム クラスのベーシック”。産休明けで「自分磨きをがんばろう」と思ったそうで、ダブルフェースのコートやカットソー、ニットなどベーシックなアイテムが並ぶが、素材の光沢感を生かして女性らしいつやっぽいアイテムに仕上げた。

2019-20年秋冬トレンドをもっと見る

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら